ギリギリアウト。

なんでそれが好きなのか考えるのが好き

エクストリーム・オンシャ

(タイトルは語感でつけました)

 

わたしのわたしによるわたしのための就活まとめです、総括大好き芸人なので

 


ポイントは3つです

 

 

  1. 他己分析をしてもらう
  2. 直感を大切に
  3. 心の支えをたくさん作る

 

 

他己分析をしてもらう

まずブチ当るのが自己分析の壁だと思います

わたしは夏くらいに自己分析の本を買うだけ買って真っ白なまま眠らせてしまいました、小学生の頃から振り返れとかめんどくさすぎてむりだった

冬くらいに知ったのがマ●ナビのお願い他己分析だった、LINEで懇意にしてる友だちにメッセージ送ってリンク先の質問に答えてもらうというツールです、匿名で答えてもらえるよ

数値で表してもらうところと自由記入してもらうところがあるんだけどそこがミソ

友人とか先輩とかめちゃわたしのことよく見てくれているんだなと思いました。ESにも使えるし面接でも使えたよ〜ちょっとだけ載せとくね!この自由記述欄のやつは本当にESでも面接でも使った。

f:id:akinyk:20190301200012j:image

 

f:id:akinyk:20190301200226j:image

 

 

直感を大切に

どこの御社に行こうが最終的に喜びも悲しみもあるだろうし結局は何を軸にして選んだらいいのかわかんないんだよね

そういうときわたしは直感を大事にしてました!推しを見つけるときと一緒です

合説のパワポでも企業HPでも人事のビジュアルでも、何か「好き♡」と思える部分が見つかればそれを信用していいと思うの、そこからなぜ好きなのか、どんな部分が好きなのかを掘っていけば志望動機になります♡

他人に何か言われてもほっとけばいいよ所詮経験するのは自分なんだからそいつじゃねえんだよ

 

 

 

心の支えをたくさん作る
心の支えis現場でした

今年に入ってから行った現場はあかにしくん×5、KAT-TUN×1、テニミュ×2です、ライビュ入れたらこれにさらに+αになるよ

しゅーかつだからってめっちゃ妥協したりとかはあんまりしなかった~行った後悔より行かない後悔の精神です

特にジンデペ大阪2日目で超至近距離で赤西くん拝んだ翌日の面接はもうなんかすごい強くなったみたいな気持ちで挑めましたね

ほんとにベストなストレス解消法だった

美術館にも結構行ったな、あれも心を落ち着かせるには最高だった

あとは実家暮らしあるある 美味しい飯を食うことも心の支えだった

あとは当たり前だけど人と話すこと、4回生になると大学行ってもなかなか同回生に合わなくなるんだけどわたしは定期的に研究室に籠城して来た人と絡むやつをやってた~(ハタ迷惑)

でも4回生わりとみんな同じ気持ちだったので就活の探り合いとかじゃなくて推しの話とか卒論の話ばっかして話すことそのものを楽しんでた感じ

こんな感じで日々の営みを大切にしつつオタク的喜びを忘れない生活は大事だと思いました。

 

 

もし就活がつらくなってしまったら、双木あかり著 「どうして就職活動はつらいのか」を読んでみてください!アンケートをもとに就活の現状がわかりやすく詳しく書いてあるので、就活と就活生を客観的に見れます。つらいのは自分だけじゃないし昨今の大学生は誰しもが通る道だということがわかるよ。

 

 

 

わたしからお伝えしたいことは以上です!

 

 

 

以下 自分語りなのですっとばして可〜〜〜〜〜

 

 

大学受験のときは、どうしてもあそこの大学に行きたい!と思って全力で頑張った。毎日毎日受験勉強してたけど自称進学校に通っていたのでみんなそんな感じだったし「受験は団体戦」の意味を身を持って知った。だからこそ第一志望に合格した喜びもひとしおだった。

 

大学生活3年目にして急速に社会がこっちに迫ってきてめちゃくちゃびびった。ES、自己分析、業界研究の仕方、インターンシップ、御社だらけの合同説明会、行かなきゃ置いていかれそうな気がした。何に置いていかれると思ったんだろう。

自分の選択肢を広げればいいのか狭めればいいのか、何を得て何を捨てればいいのか、正解なんてない。

特に取り柄のない平凡な文系大学生だから〜とか言うのは建前でなんだかんだ書けないこともない自己PR、問題はいかに簡潔にまとめるかだった。御社のホームページを必死に見て言葉を拾った志望動機、クラッシャーに遭遇することなく円満に終わったグループディスカッション、嘘がつけなかった最終面接、お祈りメール。

 

なしくずしで始めた公務員試験の勉強も地味にずっと続けてました、でもやる気あんまりなかったし模試の成績も芳しくなかった。行政に興味がなかったんだよな、でも安定の仕事だし親にはその道が一番堅実で良いって刷り込まれてきたので最後の最後まで捨てられなかった〜結果的に一年勉強した法律や経済の知識はほぼ活かされることなく終わりました。予備校のお金は親持ちだったんだけど「お前が納得して決めたなら構わない」って言われました。ごめんなさい金をドブに捨てるような娘になってしまって…親孝行します…

 

 

決め手は二次面接での質問だったよ

わたしがどんな人間なのか、説明したいことを全部させてくれたんですよね サークル活動、アルバイト、高校時代の部活 とか、自分を構成してきた なおかつ就活に使いやすいエピソードをすべて話させてくれました。社会的自己を人に提示するうえでこのうえなく気持ちよかったしこれで落ちたらこれはもう相性が悪かったんだろうから仕方ない、でも手応えはある そんな感じでした!そのままそこに内定いただいたよ!選ばなきゃどこかにはいけるけど、やっぱり自分で納得できるような道を選択したいよな!それが大事。

 

 

地方国立大学に通う女子学生の一就活記でした。供養。

 

2018 エンタメまとめ

取り急ぎ残しておこうと思う!自分のために!

 

月別エンタメ的現場一覧

1月 テニミュ比嘉公演 大阪

2月 あかにしくん(ぶれっせ)大阪 滋賀 神戸

       テニミュ比嘉 ライビュ

3月 ミュージカル「ブロードウェイと銃弾」梅芸

       あかにしくん(ぶれっせ)ライビュ

4月 KAT-TUN(ゆにおん)東京ドーム

5月 テニミュ ドリライ 神戸

       あかにしくん(じんでぺ)大阪×2

6月 

7月

8月 あかにしくんリリイベ(上映会)

       KAT-TUN(キャスト)名古屋

9月 テニミュ 全国氷帝 ライビュ

10月 あかにしくんリリイベ(豊洲)

         KAT-TUN(キャスト)大阪城ホール

11月 ヒプノシスマイク ライビュ

12月 JUMP(SorL) 京セラドーム×2

 

 

就活…とか言いながら上半期結構いろいろ行ってた。とくにじんでぺは就活モロ被りだったのでスタンディング整番二桁台で夢を見た翌日に面接受けたりした!初の個人面接だったけど前日を思い出して己を鼓舞し結果も良好だった。これは良き思い出。内定先の面接でも質問されたからあかにしくん好きですって言ったな〜(笑)そのうちあげる就活まとめブログでも書くつもりだが就活を理由にエンタメ摂取を削る必要はないと思いました。逆に就活終えてから卒論もろもろのために6-7月の現場が削られた(笑)

 

ぶれっせのホール公演内容がとにかく好きで、幕張だけじゃなくてホールも映像化してほしかったなっていまだに思っている。初日に衝撃を受けた、OPでステージを無重力浮遊するあかにしくんにもう一度会いたい。

 

あとリリイベに初めて行けたのもじっぷすQOLが高まりベリーグッドだったな。Twitterでお知り合いになった方々にもお会いできて嬉しかった。

 

3月に初めてちゃんとミュージカルを観に行ったのも記憶に残っている。某キャンペーンでたまたまS席が5000円で売られていて飛びついたんだよな〜。観るなら絶対にコメディが良いと思ってたところで福田雄一演出作品に出会ったのである。とにかく城田優さんの顔とスタイルと声が素晴らしくて感動した(結局そこ)

 

あとは、なんだかんだ定期的に足を運ぶテニミュ。わたしが初めてDVDを見せてもらったときに好きになった川上将大くん演じる亜久津仁にドリライで出会えて感無量だった。遺族になると思ってたのに生き返ったよ。なんと12月から始まった四天宝寺公演にも出演されるということで、わたしの2019年初現場はテニミュになりました。

 

 

KAT-TUNの充電開けから始まった2018年、とりあえず東京ドームに行けて良かったなあと思う。主観でも客観でも一番エモを感じられる気がする。CASTはアルバムを聴いた時点で勝利を確信していたがいざ現場に入ると大大大勝利だった。おれたちの中丸雄一さんの性癖が爆発してた。

 

 

おじゃんぷはわたしが就活をしてた間にコンサート開催がなくて、一緒にお休みしてくれているようでそれはそれでありがたかった。しかしじわじわと熱が冷め、熱望していたいのおくんのドラマにも心動かされず、ツアーもはずれ、もうダメかと思ったが昨日一年ぶりにドームコンに行って無事におたくに戻って帰ってきた(単純)。やはり現場は大事だ。

 

 

2018年エンタメを語る上ではずせないのはヒプノシスマイクさんです。以前サマトキ愛してるよブログにも書きましたが就活も終わり…って頃に転がるように沼に転落した。久々に2次元、ひいては腐趣味にも返り咲きです。いわゆる厨二病シーズンに足を踏み入れたものにカムバックした。すべてイチサマのせいだな。来年は新年早々コラボカフェに行き冬インテにも行ってみようと思います。

 

他にも友人たちの熱い布教によりバナナフィッシュだったり会えるARアイドルだったりを覗いたりしたよ。今の環境、おたく始めるのに適切すぎる。卒業したくない〜〜

 

いやはやあっと言う間の一年だったな〜〜2019年も楽しくおたくするゾ!みなさま良いお年を!

 

サマトキサマお誕生日おめでとう

 

君の誕生に溢れる愛情 捧げるリスペクトつかみ取れ勝利

ヨコハマ統べるリーダーは狂犬 暴言に隠れた不器用なHeart

今宵は宴だ 手ェ挙げろEverybody

左馬刻様に送る BIG LOVE ♡♡♡

アーイ🙌

 

 

・・・・・・・・・

お察しかと思いますが盛大な出オチです。

バースデーに浮かれ人生初の韻を踏んでしまったが私は女なので別にラップができなくてもいいんだもん!許して!

 

さてさて本日は我が推し碧棺左馬刻サマのお誕生日!というわけでオタクあるある・沼に沈みましたブログを書こうと思う。

 

 

《経緯》

就活もろもろも終わりを迎えようとしていた6月中旬、かねてよりよくTLに出現していた「ヒプマイ」なるものに興味をもったわたくしはとりあえずバンセムを視聴し、勢いに圧倒される。


ヒプノシスマイク Division All Stars「ヒプノシスマイク -Division Battle Anthem-」

 

生来ごくせんを嗜み、KAT-TUNで育ち、不良の生き血を啜って生きてきた(言い方)我がハマらないわけがなかったのである。「テメエの遺言聞かせてみろオラァ!」「ぶっ殺すぞオイ!」などという気っ風の良いキラーワード(本物)がゴリゴリに刺さったし、やはり乙女向けコンテンツなのでキャラクターのビジュアルが美美美で大変目と心が潤った。あっ好きだわ・・・(鳴り響く勝利のファンファーレ)となったのである。

 

 

入信の際の最初の関門は「推し決め」ではないだろうか。別に箱推しでも全然構わないが軸として語りたい人物やチームがいるほうが諸活動・思考に深みが出るってもんだろう。公式チャンネルを見漁り、公式サイトのプロフィールを何往復もしながら好きを煮詰めた。これまでの傾向でいくならビジュアルは圧倒的に入間銃兎だし曲は二郎てゃんとひふみが好きだった。でもやっぱり推すならサマトキサマ・・・となった次第である。無論推しディビはヨコハマ。理由は4ディビジョンで殴り合いのケンカしたら一番強そうだから(ラップで白黒つけろ)。物理的に強い人たちが好きなの。

 

 

 

《サマトキサマ好きポイント》

お誕生日だしやっぱり好きは声に出しとかないとねッ

一応公式サイトのプロフィールのリンク貼っとくね→CHARACTER|男性声優キャララップバトル『ヒプノシスマイク』オフィシャルサイト

 

その1:薄幸の美丈夫みたいな出で立ちの癖してお口がめちゃくちゃ悪いところ。

あんな美しいアルビノヤクザがいてたまるか!といつも思う。H歴、夢があるねえ。

彼のMCネームのハードコアっていうのは性的に露骨という意味もあるらしいよ。確かに「腐った女の(自主規制)にでも突っ込んどけ!」とか言ってたよな!ハードコアだ(小並感)!

暴言そのものが多いとこも好きなんだけどラップにおけるワードチョイスが絶妙にカワイイところもツボ(例:「欲張りさん」「やってやるぜバチバチ」etc.)。

 

その2:正統派ヤクザらしいポリシーを持ってるところ。

いや知らんけどなヤクザのポリシーなんて。あくまでも概念の話にしかならないけど、義理堅かったり(「俺たちに裏切りはナシだ」)、上下関係をしっかり考えてたり(寂雷先生への敬意)、女には手を出さない(公式プロフィールより)ところ、絶妙に昭和感というか古風なんだよね・・・おそらく闇・家庭環境とも関係あるんだろうな。公式は早く過去を教えてほしい。

 

その3:イケブクロ・ディビジョンの山田一郎くんとの関係性。

犬猿の仲」というワードをニヤニヤしながら見てしまうタイプのおたくなので・・・ヒプマイにおける太陽神・山田一郎くん(19)に並々ならぬ感情を抱くサマトキサマ。普通6歳も下の少年にそこまで強い感情を持つか!?嫌いは好きの裏返しだと思うなあボクは!!!!!(クソデカボイス)何らかの要因で道を違えることになったふたり、ということは共に歩もうとしてたこともあったということで(略)。TDD時代、長男坊の一郎くんが唯一甘えられる男がサマトキだったとしたら萌え転がって転落死する。勝手な妄想だけどサマトキは置いていかれた側なんだろうなって。彼本人は何も変わっていないのに、一郎くんが勝手に憧れて勝手に幻滅したんだと思う。若さってそういうもんでしょ・・・今まで当たり前だったものがそうではなくなる寂しさとか悲しさの感情を持て余した結果が今の一郎くんへの態度ならば、半端なく不器用で愛しがいのある男だと思うな・・・

 

 

 

どの次元、どのジャンルにおいても言える私の好き基準に「エロスサプライズ」というものがあります。ビジュアルや言動に性的魅力を感じることと、良い意味で驚き(ギャップ萌えなど)があること。サマトキサマに関してもしっかりあてはまってる~露出度高いし舌出し過ぎ(褒めてる)だし意外とカワイイところがある。ちょっと天然だったり、人の好意を無下にできなかったり。愛しがいのある男だ(2回目)。

 

あと、何かにつけてあかにしくんとの共通点を探しがちなんですけどサマの場合はデビュー期くらいのちょっと退廃的なエロさとビッチさが近いかなって。自分が生きている世界への不満を隠しきれていないところとか、フッと消えちゃいそうな儚さとかも。そのくらいの頃のあかにしくんを見るまなざしと今サマを見ているまなざしは同じニュアンスを含んでいると思う。南無。

2次元の男を食い物にしたのは5年ぶりですしここまで重たい感情を持ったのは中学生以来だ~あかにしくんとかつんに出戻りした時点で次元を飛ぶことはもうないと思ってた。なんだかんだ2.5まではいったけどまさか大学生活ラスト1年でこんな乙女向けコンテンツに浸かるなんてまじで青天の霹靂!!(2回目のキスは痛いから好きじゃない)でも運命だったんだと思うし毎日楽しい~~~ここ数日だけでも先行配信にコミカライズ告知にわくわくが止まらないし、数日後にはCDも出るしライビュもあるし、まだ見ぬお楽しみもたくさんあるだろう。流行のジャンルに乗ると二次創作も供給が多い!幸せ!

いつまで続くかは神のみぞ知るですが、気持ちの続く限りサマトキサマのことをお慕い申し上げたいなと思ってるよ!愛!

 

碧棺左馬刻サマ、お誕生日おめでとう!

 

青春の残り香

なんてことない思い出話をするよ。

高校生の頃、テレ朝系深夜音楽番組BREAK OUTを毎週観るのが日課だったんですが、とあるシーズンのOPがDISH//の「晴れるYA!」だった。

f:id:akinyk:20181031000137j:image

(DISH//スターダストプロモーション所属の4人組ダンスロックバンドだよ)

なんかものすごい元気になれる歌だったんだよな〜当時はゴリゴリの運動部に所属する熱血マインドの持ち主だった我は一瞬でこの歌が好きになってしまった。曲名からして元気そうでしょ。お気に入りの歌詞は「若さなら馬鹿さでカバーするよ」です。試聴はこちらより→ディスコグラフィ | DISH// | ソニーミュージック オフィシャルサイト

後々検索してわかったんだけど、彼らちょうど私と同世代だったんだよね!匠海くんと昌暉くんは一個下、龍二くんはタメ、柊生くんは一個上。絶妙に惹かれるのはここが要因だったんだろうなと思います。それまではKAT-TUNとボカロ歌い手を食って生きていたので同世代で頑張ってる人たちをちゃんと見てちゃんと好きになったの初めてだった。好きの理由は同世代・シンパシーですこれに尽きる。このあと出た1stアルバムと、野音公演のDVDを買いましたね。まだ家にあるよ。大学に入ってまた趣味(というか癖(ヘキ))が変わってあんまり聴かなくなっちゃったんだよね〜気づいたら1人増えて5人になってて、また気づいたら私が一番好きだった龍二くんが脱退して4人になってた(???)

 

最近Apple Musicを使い始めて、いろんな音楽をわっさわっさ(わっさわっさ)聴けるようになったのさ〜ほんで懐かしい曲たちのことを思い出した。高校時代を彩るアーティストはDISH//とPENTATONIXと米津玄師です。なんか一番オタクっぽくないポップスを聴いてた時期だったのかもしれんな〜(そんなこともない)

のめり込みの深い浅いはあれど、あの頃好きだったもの というのは間違いなく己のアイデンティティ形成に関わっていると思います。そのような話をこれからちょくちょくしていこうかなあ

 

久々すぎてブログの書き方をわすれたよ

今記事は思いつくがままに1時間程度で作成しました(完)

サヨナラハタチ

年度末ですね♡2017年度が終わりを迎えるということはわたしの20歳イヤーも終わりを迎えるということです。

この一年間何をして何を考えていたか勝手に振り返ります♡

ちなみに去年のやつ↓

 

akinyk.hatenablog.com

 

 結構この一年でブログ書いてた。

ハタチ初現場はテニミュチムライ氷帝だったね。

 

akinyk.hatenablog.com

 このあと立海公演にも行った。

 

akinyk.hatenablog.com

 ちゃんと書き残してるのえらいな(自画自賛

このあと比嘉公演も行ったし大千秋楽はどっちもライビュで見た。

まだちゃんと原作読んでないしアニメも見てないけど、久しぶりに2次元っていいなって思いました。夢女子になることにも腐女子になることにもためらいがいらないから。真田くんと結婚したい!って真剣な顔で言えるし、いやでも結婚するためには幸村くんをどうにかしないと…みたいな話を延々としていられる。そしてわたしがハマったのは2.5次元なので若手俳優も楽しめる!自分が見初めたイケメンたちがこれからもっと大きな舞台に羽ばたいていくのエモいよね~社会的にも2.5って今激アツコンテンツだし、ここで現場体験ができて良かったなと思います。ドリライも楽しみだなあ。

 

 

おじゃんぷも、入れないと思っていた10周年ツアーに呼んでいただけたことが感無量だった。そして目の前で薮担の友人がファンサもらってるのを見たのも大きかったな~薮くんほんとに薮担に優しい。挨拶のときに「薮担のみなさん、9人の中から僕を選んでくれてありがとう」とおっしゃっていたのが忘れられない。あれわたし伊野尾担のはずなのになぜ薮くんの話をしているんだ?

いのおくんはやっぱりよくわかんない。いのぺ謎更新には驚きましたが生活に彩りが生まれました。ピーチガールで爆モテ役が見れたのも嬉しかったな~

 

akinyk.hatenablog.com

 

I/Oでゴリゴリ踊るあなたを見て心をわしづかみにされたのもまた事実でして、自担は見るもんじゃなくて無意識に目が離せなくなるもんなんだなって思いました。この就活クソ忙しい期間に一緒にお休みしてくれてありがとうございます。一番苦しいであろうこれからの一年間も、木曜日になれば潤いがある~がんばるね。

 

 

KAT-TUNも充電期間と思いきやいっぱい動いてくれて嬉しかった~セカロマ落選は残念だったけどふぉろみも楽しい時間2も入ることができました。二つとも濃密すぎて取りこぼしがないように吸収するのに必死だった。カウコンで復活ってなって登場した瞬間涙が止まらなくて、おたく冥利に尽きるなと思いました。この体験ができるのはKAT-TUNだけ、ほんとに唯一無二なので、これからもついていきます。21歳初現場は東京ドームです幸せ。

 

 

 

大晦日で思い出したけど年末に親知らず4本全抜きしたのもいい思い出である。

 

akinyk.hatenablog.com

 年始は顔は腫れるわ物は食べれないわでさんざんでしたがおかげで太らずに済んだ。あと、自分のこと用心深くて慎重な性格だと思ってたけど変なところで謎に決断が早いし行動力があるってわかったのもまた面白かった。

 

 

さて、あかにしくんの話しますね♡

代々木の多幸感は未だに忘れられないし、ぶれっせももちろん楽しかったんだけどやっぱりアニバーサリーと銘打ってなされたものの特別感はいいなと思いましたね♡東京まで出向いて良かった♡帰りの夜行バスの中でひとりでエモみを噛み締めてたの懐かしいな~

 

akinyk.hatenablog.com

 あとわたしがみろくちゃんに惚れて10年の話もしたね。

 

akinyk.hatenablog.com

 

ハタチラスト現場がぶれっせだったのも良かったな~昨日のライビュも超楽しいだった。ホールのセトリとOPED入れ替えてきたの天才だったしラストBlessèdで締めてまた会いましょう!って微笑んでくれてわたしは胸がいっぱいです。

 

akinyk.hatenablog.com

 あと、あかにしくん関連は鍵をかけてないTwitterアカウントをちゃんと動かしだしたらこの一年で話ができる方がたくさんできて嬉しかった。わたしのTwitterランドはおたくに優しい。そういえばこのブログは鍵があるほうにもないほうにも載せているので自我が統一されてないの面白いね。ブログを書いているわたしは何者なんだろうか(哲学)

ぶれっせの終わりを嘆く間もなくすぐライブハウスツアー始まるのも嬉しい!わたしが行ける日の翌日たぶん面接なんだけど勝手にパワーもらってこようと思ってる~就活してても現場をあきらめたくないおたく。

 

 

あと、エンタメ関連以外で残しておきたいのはパーソナルカラーと骨格診断の話ですね。11月にPC、1月に骨格診断を受けました。漠然と「自分に似合う」を知りたかったから。担当してくれたお姉さんが超良い人で、診断とは関係ない自分への自信の話とかしてくれたのが印象的だった。PCは1stイエベ春2ndブルべ夏、骨格はベースがウェーブの上半身ストレートだったんですけど、それがわかったことによって今までぼやっとしてた「似合う」「似合わない」の感覚に理由が見つかりました。それまでは「可愛くないから」「細くないから」とかいうネガティブな考えをしてたんですけど色味が肌色と合致しないとかカッティングが骨と合ってないとかいう理由なら納得いくじゃん。あと似合わないと思ってたものへのアプローチの仕方もわかるじゃん。最高かよ。そのうち絶対にブログ書きます。

 

 

 

日記じみたブログまとめになった〜でも今年はいっぱい記事書いてたからこれもありでしょ!

充実した一年だった〜〜この裏側で毎週公務員講座受けてたりいろいろ引退したりイベントバイトに足を突っ込んだりした(笑)全部将来の身になってたらありがたい話ですね。

 

就活も卒論も駆け抜けて、来年の今頃またブログを書けますように〜〜おそらく社会人になりたくなくて死んでるんだろうな!

 

 

サヨナラハタチ。

 

赤西仁 Live Tour 2018 Blessèd 感想まとめ

おわかりかと思いますがネタバレ中のネタバレ。貧困な語彙〜〜あくまでニュアンスかつ個人の感想です♡間違いとかあったら教えてくださいませ🙇‍♀️

 

0208 大阪公演

0216 神戸公演

0217 滋賀公演

 

に行ってきた。

 

忘れたくないからとりあえずまとめる。

セトリのネタバレやだ!って方はガッッッとスクロールしてぽやぽやMCまとめから見てください~

 

セトリ追いまとめ&雑感 

 

セトリ順に行きます〜〜

あっでもそのまえに!

開演前にずっとステージに流れてるツアータイトルやユニバのロゴもろもろ(レーザー3D)めちゃくちゃかっこよかった〜初日とかそれを見てもう感無量だった(笑)パソコンのスクリーンセーバーにしたいからデータください💻

 

 OP~Blessèd

今回はAFみたいに凝った映像とかじゃなくて、シンプルにGo Good!ユニバロゴ!って感じでバッ!てレーザーで表示されて、あかにしくんの世界に入っていきます。USJのアトラクションみたい。そしてBlessèd のロゴがレインボーに輝くところから始まる。

サイリウムひとつついてない真っ暗な会場でステージ上方に浮かび上がるあかにしくん。初日はここで感極まって涙が出てきた(早い)

Blessèd 歌いながら一瞬マトリックスみたいなことしてたね、あかにしくん浮いて…えっ!?!?という驚き。3回見たけどどうなってるのかわかりませんでした。今回唯一の上下移動ですね☁️

 

そして一旦はけて照明とEDMに最初の奇襲攻撃をかまされている間に王(あかにしくん)が帰ってきます。お衣装チェンジ。ワッペン大量貼りのアウタークソかっこいい。ちょっとだけLDHっぽい。

 

Go Higher〜Good or Bad

最初なんの曲かわかんなくて??と思っていたらGo Higherだった。そうなんですよ今回後半に出てくるWe The Fire以外はすべてリアレンジバージョンになってて雰囲気が全然違う!しかし曲を言葉で説明するのは至難の技なので、やっぱり直接聞くのが一番ですよね。Fill me upは代々木思い出して楽しかった〜曲に酔えるって良いですよね♡お次はDayum〜曲だけじゃなくてフリもリアレンジですわよ♡赤い照明の下でダンサー引き連れて踊る西くん死ぬほどかっこよくて困った。AFとか代々木でも踊ってたけど、今回はもっとナチュラルに動いてることが多い〜!ありがたや〜〜Good or Badもゆるゆる踊ってるの良きだった。身体を揺らしてるあかにしくん見てるとやっぱりなんか中性的な色気を感じてしまいませんか。あっバックモニターの映像もめちゃくちゃ洒落ていた!コラージュ横尾っぽい!(言いたいだけ)

 

 

 Feel~Choo Choo SHITAIN

そしてダンサーさんがかっこよくスタンドマイク持ってきてFeelが始まる。ここで初めてモニターにガッッッッツリお顔が抜かれる仁くん…思わず漏れ聞こえる悲鳴…高音歌うお顔が可愛い&えろいでびっくりしちゃう🤧でも日によってキャップの被り方が違うからよく見える日と見えない日があるよ。あと暑くなってくるとアウター半脱ぎ肩出し西くんに出会えます。SEXY。Mi Amorはピアノが天才です。星が瞬いてるみたいなライティングも天才。神戸のMCで「みあもーるとか無駄にカッコつけて歌ってますけど(ドヤァ)」としていたのであかにしくんもかなりお気に入りなのかもと思いました。All About Youは正直あかにしくんをあまり見ていなかった。女性ダンサーおふたりの絡み(というかレズセッ)がすごすぎてそっちにしか目がいきませんでした🤦‍♀️あかにしくんはちょっと下手後ろに移動してダンサーさんメインみたいな感じになるよ〜AFのポールダンス枠?とかそういう感じなのかなって思いました。それにしても初日のやや困惑した空気がめちゃじわった。この曲のときだけ終わったあとの雰囲気がちょっとやばいものみたわ感がある(笑)王が美女はべらせて遊ばせてる感じ〜性癖クリティカルヒット🤯そのままOne Addictionに突入〜〜わたしBlessèd の中でこの曲が一番お気に入りなので超楽しみにしてた〜!照明の鬼です👹そこにChoo Choo SHITAINぶち込んでくるのずるくないですか!!!滋賀MCでtakayukiがいないからどうしたらいいかわかんない、セトリに入れたこと後悔してる…とおっしゃってましたがせっくすよりも〜〜???が楽しいので全然だいじょうぶだよあかにしくん☺️☺️☺️

 

MCはあとでまとめます〜♡

 

Sun Kiss~Yesterday

ゆるっとしたMCのあと、公開セクハラコーナーことSun Kissに入ります。こちらの曲はあかにしくんがファンの声をその場で収録してオケに入れ込む。「なんか言いたいこと言ってください」「エロいやつください」「あんっ…て言ってもらっていいですか」みたいなリクエストが出されるよ。そして赤西君もその場で声録音します。

私が行った中で一番面白かったのは神戸の

「抱いて♡」

「あんっ…」

「そこはだめええええ♡(男声)」

「こっちのほうがイイの…?」(あかにしくん)

ですかね♡こっちのほうがイイの…?(CV赤西仁)の破壊力強すぎでわ…?大胆なファンサだなあと思いました(爆発)

初日はなかなかうまくいかなくて途中で機械が暴走しちゃってスタッフさん呼んでた。ずっとおっぱい(自分で録音した音声)って言ってるよ…?どーなってんの?いやわからへんのかーい。ってツッコんでたのもかわいいだった。そんなSun Kiss からOpaqueに移っていくよ。わたし個人的にリアレンジはOpaqueが一番好き。制作機材のあるデスクからゆっくり離れていって、本業たる表現者の顔に戻るのが最高に刺さります♡AFのときみたいに閉鎖空間でイッてる目して踊ってるのもいいんですけど今回のはもっと色があってユートピアみたいな感じ~でもあかにしくんの曲への没入感は相変わらずすごくて、Opaqueってそういうスイッチのある歌なんだなって思いました。まばゆいライトの中歌うあかにしくんを見て、そのとき初めてあかにしくんになりたいと思った~それくらい気持ちよさそうだった(?)Slowはバックの映像の布越しの手がめちゃくちゃ気になる~あれはあかにしくんの性癖?たぶん違うね。そしてBaila!ダンスがカワイイ。女児みたい。いやかっこいいんですけどあかにしくんがやるとん~~~~ロリ!!!!!と思ってしまう…Dayumと並び今回のダンス二大巨頭です♡そこから怒涛のダンサー勢ソロパートがあり、見入ってる間にステージ中央にライトに囲まれたランウェイが現れます。Heart Beatは出戻って曲を聴いてめちゃくちゃ好きになったので、今回生で見れて感無量でございました!初日の泣きポイントその2はここ(笑)ShineMami Locaの流れも最高でした♡こことここをつなげるのか!という驚き。そして今回新譜以外で唯一の既存曲(リアレンジなし)のWe The Fire。演出もAF引継いでた!あのダンス大好きなのでもっかい見ることができてとてもとてもうれしかった。ここでAin't Enoughリアレンジが入ってくるよ~うまく説明できないんですけどリアレによってさらに洗練されててゾクゾクした。みんなで円になって踊るフリもカワイイ。そしてみなさまお待ちかねのHey, What's up? 踊りながらみんなでステージ左右移動するところ可愛いので見てください。ここでダンサー紹介~いつもしっかり一人ずつダンサー紹介あるの、舞台のカテコみたいで鳥肌立つ。よくすっ飛ばされるヒカルくん。不満気なヒカルくん。適当に紹介するじんちゃん。わたしはにこにこ。そして一人ステージに残ったあかにしくんによるラスト曲Yesterday。わたしは公演の終わりを惜しむため歌だと思ってる。今日のセトリの走馬燈がババババッて頭の中を駆け巡る~リリックビデオと歌ってるあかにしくんが融合してる演出とても好き。そしてラブジュ懐古厨歓喜のピンスポ点滅ダンスでスッて消えるあかにしくん退場の仕方まで天才です。今日もありがとう。

 

ぽやかわMCゆるっとまとめ

大阪初日編~

 

そうです初日ならでは、バブみのオンパレードでした。結構ファンに押され気味だったのがまたカワイイ。

 

神戸編~

神戸はね、じっぷす愛されMCだったと思ってる。

 

滋賀編~

年度末もオリンピックもよくわかってないあかにしくん…この人どうやって今まで生きてきたんだろうと思うくらいのぽやっぷりが発揮されていたわけですが、その美貌と才能が一番の生きる価値だもんな~凡人とは生き方のベクトルが違うんだったわ…

 

あと総合的にジョシュ・ケイボマネージャーのMC力の上達ぶりは認めざるを得ないと思いました。滋賀でラジオ収録終わったにもかかわらずあかにしくんがおしっこいっちゃったからひとりでお話してくれていたんですがめちゃくちゃ説明も落とし方もお上手だった~「昔は仁くんが教えてくれたことにウンワカッタ(メモメモ)…って言ってたけど最近は教えられてからいったん調べるようになった」とおっしゃっていたのには大草原不可避だったよ。「仁クン一緒ニ日本語勉強シヨウ!」(;・゚∀゚;)「…」

 

 

わたしによるわたしのための解釈。(全体まとめ)

大学で結構ファンとアイドルの関係性とかについて学ぶ機会が多いんですけど、あかにしくんとじっぷすの関係って本当に興味深いんだよ。どこにもあてはまらない、唯一無二なの。グッズの販売体制とか在庫についてあんなに本人に直接物申すファンってなかなかいないと思うんですよ。普通「運営~~~😡😡😡」ってなるところが直接あかにしくんにパーカー足りない!香水は!?!?って言えちゃうじゃないですか。まあ間接ヨシノみたいなとこもあるけど。それってすごい信頼関係だと思います。でもそれをあかにしくんも受け入れているのはファンが経済を回してくれる存在であることをちゃんと知ってるからですよね。企業―顧客?と思うこともあるし、どなたかがリリイベのことを株主総会とおっしゃっていたのもとてもよくわかる。わたしが今回現場でとても心に残ったのはJip'sのヒモ発言です。

もちろん自虐ネタだし言葉的にはマイナスかもしれないんですけど、あかにしくんというヒモ養っているという捉え方とても強烈じゃないですか?お金でつながってるっちゃあそうなんだけど、そこにどう考えても愛とか情とかが付随してくると思うの。全然離してくれなさそうだしこれからも楽しませてくれる気満々なんだろうなと思うとこっちも嬉しいじゃないですか♡好き♡この関係にあかにしくんから名がつけられたことが超interestingなことだと思ってる。そんなあかにしくんとじっぷすの関係性、これからもずっと続いてくんだろうなあと思うしわたしもそのヒモに繋がれていたいと思います(?)

 

あかにしくんやスタッフのみなさまがケガや病気なく無事ツアー完走されることをお祈りいたしまして、今回は終わらせていただこうと思います!

最後までお読みいただきありがとうございました♡

 

f:id:akinyk:20180220071300j:image

 

f:id:akinyk:20180220071215j:image

拝啓 銀のベンザブロック様

 (毎度のことながら中身のないブログだよ)

 

  初めてあなたに出会ったのは大学に入って最初の秋だった。喉が痛くて熱っぽくて、でも病院に行く時間がなくて、市販薬に頼ろうと思ったのである。わたしの風邪の引き始めはいつも喉から。そして調子が悪いとそのまま熱が出る。家にある父愛用のパ◯ロン(顆粒)はめちゃくちゃ不味いのにわたしには全然効かない。そこで新しい風邪薬を買おうとドラッグストアに向かった。「あなたの風邪に狙いを決めて」という文言に惹かれ、喉が痛いから銀だなあと購入。

 

単刀直入に言うけど、ベンザブロック効きすぎじゃないです?飲んで20分くらいで喉の痛みとだるさが消えた。逆に怖い。そして5〜6時間して薬がきれると再び襲いかかってくる痛みとだるさ。ほんと怖い。シャブじゃないのか(じゃない)

 

 

そして今日、久しぶりに喉が痛くて風邪の兆候を感じている。大学に今日締め切りの直接提出しないといけない課題があるため休みたくない。わたしはドラッグストアに向かい、銀の箱を手に取ったのである…

 

 

治すっていうよりも止めるって感じだから、根本的な解決にはならないのかもしれないけど、どうしても頑張らないといけないときってあるじゃないですか。そういうときにものすごい効き目を発揮するおくすりだと思います。個人の感想ですけど。

 

ありがとう銀のベンザ。

f:id:akinyk:20180123095611j:image

 

(夕方には病院行きます)